最終回

参考文献
Alesina, A. and Eliana La Ferrara, 2002, “Who Trusts Others?”, Journal of Public Economics, 85: 207-234.
網野善彦,1987,『増補版 無縁・公界・楽――日本中世の自由と平和』平凡社
青木昌彦,1995,『経済システムの進化と多元性――比較制度分析序説』東洋経済新報社
――――・奥野正寛編,1996,『経済システムの比較制度分析』東京大学出版会
――――・――――・岡崎哲二編,1999,『市場の役割 国家の役割』東洋経済新報社
Axelrod, Robert, 1984, The Evolution of Cooperation, Basic books.(=1998,松田裕之訳『つきあい方の科学』ミネルヴァ書房.)
――――, Michel D. Cohen, 2000, Harnessing Complexity: Organizational Implications of a Scientific Frontier, Free Press.(=2003,高木晴夫・寺野隆雄訳『複雑系組織論』ダイヤモンド社.)
東浩紀,1998,『存在論的、郵便的――ジャック・デリダについて』新潮社.
――――,2001,『動物化するポストモダン――オタクから見た日本社会』講談社
――――,2002-2003,「情報自由論」『中央公論』2002年7月号‐2003年10月号.
――――・大澤真幸,2003,『自由を考える――9・11以降の現代思想』NHK出版.
馬場靖雄,2001,『ルーマンの社会理論』勁草書房
Barabasi, Albert-Laszlo, 2002, Linked: The New Science of Network, Perseus Books Group.(=2002,青木薫訳『新ネットワーク思考――世界のしくみを読み解く』NHK出版.)
Baron, Stephen, John Field, and Tom Schuller eds, 2000, Social Capital: Critical Perspectives, Oxford University Press.
Bauman, Zygmunt, 1995, “The Strangers of the Consumer Era: from the Welfare State to Prison”, Zygmunt Bauman, Postmodernity and Its Discontents, New York University Press.(=1999,入江公康訳「消費時代のよそもの――福祉国家から監獄へ」『現代思想』27(11): 149-159.)
――――,1999, In Search of Politics, Polity press.(=2002,中道寿一訳『政治の発見』日本経済評論社.)
――――, 2000, Liquid Modernity, Polity press.(=2001a,森田典正訳『リキッド・モダニティ』大月書店.)
――――, 2000, Social Uses of Law and Order in Criminology and social theory, David Gerland and Richard Sparks(=2001b,福本圭介訳「法と秩序の社会的効用」『現代思想』29(7): 84-103.)
Beck, Ulrich, 1986, Riskogesellschaft: Auf dem Weg in eine andere Moderne, Suhrkamp.(=1998,東廉ほか訳『危険社会‐新しい近代への道』法政大学出版局.)
――――, Anthony Giddens, and Scott Lash, 1994, Reflexive Modernization: Politics, Tradition and Aesthetics in the Modern Social Order, Polity Press.(=1997,松尾精文ほか訳『再帰的近代化――近現代の社会秩序における政治、伝統、美的原理』而立書房.)
――――, 2002, Das Schweigen der Worrer: Uber Terror und Krieg, Suhrkamp.(=2003,島村賢一訳『世界リスク社会論』平凡社.)
Borradori, Giovanna, 2003, Philosophy in a Time of Terror: Dialogues with Jurgen Habermas and Jacques Derrida, Chicago University Press.(=2004,藤本一勇ほか訳『テロルの時代と哲学の使命』岩波書店.)
Coleman, James S., 1988, “Social Capital in the Creation of Human Capital”, The American Journal of Sociology, 94(Supplement): 95-120.
――――, 1990, Foundation of Social Theory, Belknap press.(=2004,久慈利武監訳『社会理論の基礎(上)』青木書店.)
Cook, Karen S. and Richard M. Emerson, 1978, “Power, Equity and Commitment in Exchange Networks”, American Sociological Review, 43(5): 721-739.
Davis, Mike, 1990, City of Quartz: Excavating the Future in Los Angeles, Verso Books(=2001,村山敏勝・日々野啓訳『要塞都市LA』青土社.)
Durlauf, Steven N, 2002, “On The Emprics of Social Capital”, (http://www.ssc.wisc.edu/econ/archive/wp2001-03R.pdf , 2005.12.31).
Ecklersley, Richard, 1999, “Measuring Well-being: Material Progress and quality of life”, Keynote address to the Made to Measure Conference, NCOSS.
遠藤薫,2003,「電子メディア社会の到来――電子社会におけるカオスの縁としてのオルトエリート」今田高俊編『産業化と環境共生 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,130-162.
――――,2005,「日本におけるネットワーク社会の消滅――alt. elite. digと逆デジタル・デバイド」『社会学年誌』46: 19-38.
Foucault, Michel, 1975, Suveiller et punir: Naissanace de la prison, Gallimard.(=1977,田村俶訳『監獄の誕生――監視と処罰』新潮社.)
藤田省三,1995,『全体主義の時代経験』みすず書房
藤原保信,1993,『自由主義の再検討』岩波書店
福田慎一,2000,「市場経済とボランティア――日本経済におけるボランティア活動のあり方」下河辺淳香西泰編『ボランタリー経済学への招待』実業之日本社,75-102.
Fukuyama, Francis, 1995, Trust: The Social Virtues and the Creation of Prosperity, Hamish Hamilton Ltd.(=1996,加藤寛監訳『「信』なくば立たず――「歴史の終わり」後、何が繁栄の鍵を握るのか』三笠書房.)
――――, 1999, The Great Disruption: Human Nature and the Reconstitution of Social Order, free press.(=2000, 鈴木主悦訳『大崩壊の時代――人間の本質と社会秩序の再構築』早川書房.)
Giddens, Anthony, 1993, The Consequence of Modernity, Polity press.(=1999,松尾精文ほか訳『近代とはいかなる時代か?』而立書房.)
――――, 1998, The Third Way: The Renewal of Social Democracy, Polity Press.(=1999,佐和隆光訳『第三の道――効率と公正の新たな同盟』日本経済新聞社.)
――――, 2000, Runaway World: How Globalization Is Reshaping Our Lives, Routledge.(=2001,佐和隆光訳『暴走する世界』ダイヤモンド社.)
――――, 2000, The Third Way and its Critics, Polity Press.(=2003,今村法之・干川剛史訳『第三の道とその批判』晃洋書房.)
Giorgas, Dimitria, 2000, “COMMUNITY FORMATION AND SOCIAL CAPITAL IN AUSTRALIA”, paper delivered to the Australian Institute of Family Studies Conference.
Glaesser, E L., D I. Laibson, J A. Scheinkman, and C S. Soutter , 2000, “Measuring Trust”, Quarterly Journal of Economics, 115: 811-846.
Granovetter, Mark S., 1973, “The Strength of Weak Ties”, The American Journal of Sociology, 78(6), 1360-1380.
――――, 1985, “Economic Action and Social Structure :The Problem of Embeddedness”, The American Journal of Sociology, 91(3): 481-510.
Graycar, Adam, 1999, “Crime and Social Capital” Australian Crime Prevention Council 19th Biennial International Conference on Preventing Crime.
Grootaert, Christian, 1998, “Social Capital: The missing link”, SCI Working paper No3, World Bank, 1-24.
浜口恵俊,1996,『日本型信頼社会の復権――グローバル化する間人社会』東洋経済新報社
長谷川公一,2004,「リスク社会という時代認識」『思想』963: 6-16.
Hirschi, Travis, 1970, Cause of Delinquency, California University Press.(=1995, 森田洋司訳『非行の原因――家庭・学校・社会へのつながりを求めて』文化書房博文社.)
Hirschman, Albert O., 1977, THE PASSIONS AND THE INTERESTS: Political Arguments for Capitalism before Its Triumph, Princeton University Press.(=1985, 佐々木毅・旦祐介訳『情念の政治経済学』法政大学出版.)
本間正明ほか,2003,『コミュニティ・ビジネスの時代――NPOが変える産業・社会・そして個人』岩波書店
法務省法務総合研究所,2003,『犯罪白書――変貌する凶悪犯罪とその対策(平成15年版)』.
Ikegami, Eiko, 1995, The Taming of the Samurai: Honorific Individualism and Making of Modern Japan, Harvard University Press.(=2000,森本醇訳『名誉と順応――サムライ精神の歴史社会学NTT出版.)
池上英子,2005,『美と礼節の絆――日本における交際文化の政治的起源』NTT出版
今田高俊,2003a,「産業化と社会変動」今田高俊編『産業化と環境共生 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,1-35.
――――,2003b,「産業社会の位相転換――情報化と「静かな生活革命」のゆくえ」今田高俊編『産業化と環境共生 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,38-91.
今井賢一1984,『情報ネットワーク社会』岩波書店
――――・金子郁容,1988,『ネットワーク組織論』岩波書店
――――編,2002,『情報技術と経済文化』NTT出版
今村仁司,2000,『交易する人間――贈与と交換の人類学』講談社
猪口孝,1988,『国家と社会 現代政治学叢書』東京大学出版会
――――,2003,『日本政治の特異と不偏』NTT出版
猪木武徳,2000,「市場経済と中間的な自発的組織――公共の利益という視点から」下河辺淳香西泰編『ボランタリー経済学への招待』実業之日本社,103-126.
石田光規,2004,「社会関係資本――その理論的背景と研究視角」『社会学論考』25: 51-79.
伊藤守・花田達朗,1999,「「社会の情報化」の構造と論理――社会的諸力の葛藤のプロセスとしての情報化」児島和人編『講座社会学 8 社会情報』東京大学出版会,193-237.
岩田一政,2000,「ボランタリー・エコノミーの倫理的な基礎」下河辺淳香西泰編『ボランタリー経済学への招待』実業之日本社,41-74.
Jane, Jacobs, [1961]1992, The Death and Life of Great American Cities, Vintage Books.(=1977,黒川紀章訳『アメリカ大都市の死と生』鹿島出版会.)
金子郁容,1986,『ネットワーキングへの招待』中央公論社
――――,1992,『ボランティア――もうひとつの情報社会』岩波書店
――――・松岡正剛下河辺淳,1998,『ボランタリー経済の誕生――自発する経済とコミュニティ』実業之日本社
――――,2002,『新版コミュニティ・ソリューション――ボランタリーな問題解決に向けて』岩波書店
――――,2003, 「インターネット社会における総合政策学と数理モデル金子郁容編『総合政策学の最先端(2)インターネット社会・組織革新・SFC教育』慶應義塾大学出版会,164-191.
金光淳,2003,『社会ネットワーク分析の基礎――社会的関係資本論にむけて』勁草書房
監視社会を拒否する会,2005,(http://www009.upp.so-net.ne.jp/kansi-no/ , 2005.12.31).
河合幹雄,2004,『安全神話崩壊のパラドックス――治安の法社会学岩波書店
Kneer, Georg, and Armin Nassehi, 1993, NIKLAS LUHMANNS THEORIE SOZIALER SYSTEME, Uni-TB. GmbH..(=1995,館野受男ほか訳『ルーマン 社会システム理論』新泉社.)
小井土彰宏,2005,「グローバル化と越境的社会空間の編成――移民研究におけるトランスナショナル視角の諸問題」『社会学評論』56(2): 381-399.
児島和人,1999,「総論 現代における社会情報の多相的生成」児島和人編『講座社会学8 社会情報』東京大学出版会,1-32.
――――編,1999,『講座社会学8 社会情報』東京大学出版会
国際協力事業団,2002,『ソーシャル・キャピタルと国際協力――総論編』(http://www.jica.go.jp/activities/report/field/pdf/2002_04.pdf , 2005.12.31).
河野勝,2002,『社会科学の理論とモデル 12 制度』東京大学出版会
Lessig, Lawrence, 1999, CODE and Other Laws of Cyberspace, Basic Books.(=2001,山形浩生ほか訳『CODE――インターネットの合法・違法・プライバシー』翔泳社.)
――――, 2001, The Future of Ideas, Random house Inc.(=2002,山形浩生訳『コモンズ』翔泳社.)
――――, 2004, Free Culture, Penguin Press.(=2004,山形浩生訳『Free Culture翔泳社.)
Lin, Nan, 1999, “Social Networks and Status Attainment”, Annual Review of Sociology, 25: 467-489.
――――, Karen S. Cook, and Ronald S. Burt eds, 2001, Social Capital: Theory and Research, Aldine De Gruyter.
――――, 2002, Social Capital: A Theory of Social Structure and Action, Cambridge University Press.
Luhmann, Niklas, 1973, Vertrauen: Ein Mechanismus Der Reduktion(=1990,大庭健正村俊之訳『信頼――社会的な複雑性の縮減メカニズム』勁草書房.)
――――, 1992, Beobachtungen der Moderne, Westdeutscher.(=2003,馬場靖雄訳『近代の観察』法政大学出版.)
Lyon, David, 2001, Surveillance Society, Open University Press(=2002,河村一郎訳『監視社会』青土社.)
――――, 2003, Surveillance after September 11, Polity Press.(=2004,田島泰彦・清水知子訳『9・11以後の監視――<監視社会>と<自由>』明石書店.)
町村敬志吉見俊哉編,2005,『市民参加型社会とは――愛知万博計画過程と公共圏の再創造』有斐閣
真木悠介,2003,『気流の鳴る音――交響するコミューン』筑摩書房
丸山真人,2001,「広義の経済学の方法――市場原理の相対化に向けて」杉浦克己・柴田徳太郎・丸山真人編『多元的経済社会の構想』日本評論社,139-158.
丸山真男,1961,『日本の思想』岩波書店
正村俊之,2003a,「情報・身体・社会」正村俊之編『情報化と文化変容 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,1-23.
――――,2003b,「機能分化とアイデンティティの行方――電子メディアによる身体の超越と復権正村俊之編『情報化と文化変容 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,165-205.
Meyrowitz, Joshua, 1985, No Sense of Place, Oxford University press.(=2003,安川一ほか訳『場所感の喪失(上)――電子メディアが社会的行動におよぼす影響』新曜社.)
三上剛史,2003,「リスク社会の共生空間――不知のエコロジー」」今田高俊編『産業化と環境共生 講座・社会変動』ミネルヴァ書房,164-192.
見田宗介,1996,『現代社会の理論――情報化・消費化社会の現在と未来』岩波書店
――――・橋爪大三郎,1997,「情報化/消費化社会に未来はあるか」『Inter Communication』22: 130-140.
宮台真司,1997,『まぼろしの郊外――成熟社会を生きる若者たちの行方』朝日新聞社
――――・藤井誠二,2001,『「脱社会化」と少年犯罪』創出版
宮垣元,2003,「ヒューマンサービスNPOにおける情報と信頼――NPOの組織構造とその特性」香川敏幸・小島朋之編『総合政策学の最先端(4) ――新世代研究者による挑戦』慶應義塾大学出版会,145-165.
宮川公男・大守隆編,2004,『ソーシャル・キャピタル――現代経済社会のガヴァナンスの基礎』東洋経済新報社
宮田加久子,2005,『きずなをつなぐメディア――ネット時代の社会関係資本』NTT出版.
森岡正博,2003,『無痛文明論トランスビュー
森田洋司,1995,「解説 ハーシの社会的絆の理論――あとがきにかえて」『非行の原因――家庭・学校・社会へのつながりを求めて』文化書房博文社,367-407.
毛利嘉孝,1999,「安全性の専制――都市空間のセキュリティと警察的管理」『現代思想』27(11): 196-205.
――――,2001,「ビッグ・ブラザーの時代」『現代思想』29(7): 104-119.
村上泰亮,1994,『反古典の政治経済学要綱』中央公論社
村上陽一郎,1998,『安全学』青土社
内閣府,2003,『ソーシャル・キャピタル――豊かな人間関係と市民活動の好循環を求めて』.
内閣府,2004,『国民生活白書(平成16年版)』.
内閣府経済社会総合研究所,2005,「コミュニティ機能再生とソーシャル・キャピタルに関する研究調査報告書」(http://www.esri.go.jp/jp/archive/hou/hou020/hou015.html, 2005.12.31).
仲正昌樹,2003,『「不自由」論――「何でも自己決定」の限界』筑摩書房
Negri, Antonio, Michael Hardt, 2000, Empire, Harvard University Press.(=2003,水嶋一憲ほか訳『<帝国>――グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性』以文社.)
仁平典宏,2003,「『ボランティア』とは誰か――参加に関する市民社会論的前提の再検討」『ソシオロジ』No.147: 93-109.
――――,2005,「ボランティア活動とネオリベラリズムの共振問題を再考する」『社会学評論』No56(2): 485-499.
人間の安全保障委員会最終報告書要旨,2003, (http://www.humansecurity-chs.org/finalreport/j-outline.pdf, 2005.12.31).
西垣通,2001,『IT革命――ネット社会のゆくえ』岩波書店
North, Douglass C., 1990, Institutions: Institutional Change and Economic Performance, Cambridge University Press.(=1994,竹下公視訳『制度・制度変化・経済成果』晃洋書房.)
小熊英二・上野陽子,2003,『<癒し>のナショナリズム――草の根保守運動の実証研究』慶應義塾大学出版会.
奥野卓司,2000,『第三の社会――ビジネス・家族・社会が変わる』岩波書店
大澤真幸,1995,『電子メディア論――身体のメディア的変容』新曜社
――――,2002,『文明の内なる衝突――テロ後の世界を考える』NHK出版.
朴容寛,2003,『ネットワーク組織論』ミネルヴァ書房
Portes, Alejandro, 1998, “SOCIAL CAPITAL: Its Origins and Application in Modern Sociology”, Annual Review of Sociology, 24: 1-24.
Productivity Commission, 2003, “Social Capital: Reviewing the Concept and its Policy implication”, Commission Research paper.
Putnam, Robert D, 1993, Making Democracy Work: Civic Traditions in Modern Italy, Princeton University Press.(=2001,河田潤一訳『哲学する民主主義』NTT出版.)
――――, 1995, “Bowling Alone: America’s Declining of Social Capital”, Journal of Democracy, 6(1): 65-78.
――――, 2000, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Simon&Schuster.
Rheingold, Howard, 2002, Smart Mobs: The Next social Revolution, Perseus Books Group.(=2003,公文俊平会津泉訳『スマートモブズ――<群がる>モバイル族の挑戦』NTT出版.)
佐伯啓思,1993,『「欲望」と資本主義――終わりなき拡張の論理』講談社
齋藤純一,2000,『思考のフロンティア 公共性』岩波書店
――――,2001,「社会の分断とセキュリティの再編」『思想』925: 27-48.
――――,2003,「親密圏と安全性の政治」斎藤純一編『親密圏のポリティクス』ナカニシヤ出版,211-236.
斎藤貴男,2004,『安心のファシズム――支配されたがる人々』岩波書店
酒井隆史,2001,『自由論――現在性の系譜学』青土社
坂本治也,2003,「パットナム社会資本論の意義と課題――共同性回復のための新たなる試み」『阪大法学』52(5): 1373-1401.
Salamon, Lester M., 1994, “The Rise of the Nonprofit Sector”, Foreign Affairs, July/Aug.(=2001,フォーリン・アフェアーズ・ジャパン編・監訳「福祉国家の衰退と非営利団体の台頭」『フォーリン・アフェアーズ傑作選1922-1999――アメリカとアジアの出会い(下)』朝日新聞社,213-231.)
佐藤寛編,2002,『援助と社会関係資本――ソーシャル・キャピタル論の可能性』アジア経済研究所.
佐藤誠,2003,「社会資本とソーシャル・キャピタル」『立命館政策研究』16(1): 1-30.
佐藤俊樹,1993,『近代・組織・資本主義――日本と西欧における近代の地平』ミネルヴァ書房
――――,1996,『ノイマンの夢・近代の欲望――情報化社会を解体する』講談社
佐藤慶幸,2005,「アソシエーションと市民社会」『社会学年誌』46: 121-134.
Sen, Amartya, 1992, Inequity Reexamined, Oxford University Press.(=1999,池本幸生ほか訳『不平等の再検討――潜在能力と自由』岩波書店.)
柴田徳太郎,2001,「資本蓄積と制度進化」杉浦克己・柴田徳太郎・丸山真人編『多元的経済社会の構想』日本評論社,33-62.
渋谷望,2003a,「排除空間の生政治――親密圏の危機の政治化のために」斎藤純一編『親密圏のポリティクス』ナカニシヤ出版,107-129.
――――,2003b,『魂の労働――ネオリベラリズムの権力論』青土社
清水博,2003,『場の思想』東京大学出版会
下河辺淳香西泰編,2000,『ボランタリー経済学への招待』実業之日本社
篠原一,2004,『市民の政治学――討議デモクラシーとは何か』岩波書店
曽根泰教,2002,「情報社会と公共性――サイバースペースは「公共空間」たりうるか」佐々木毅・金泰昌編『公共哲学10巻 21世紀公共哲学の地平』東京大学出版会,299-323.
――――,2003,「インターネット時代の合意形成」金子郁容編『総合政策学の最先端(2)インターネット社会・組織革新・SFC教育』慶應義塾大学出版会,90-113.
須藤修,1999,「情報化と社会システムの変容」児島和人編『講座社会学8 社会情報』東京大学出版会,199-147.
杉浦克己,2001,「多元的経済社会の構想と経済学の課題」杉浦克己・柴田徳太郎・丸山真人編『多元的経済社会の構想』日本評論社,1-29.
鈴木謙介,2005,「監視批判はなぜ困難か―再帰的近代化におけるリスク処理の形式としての監視」『社会学評論』55(4): 499‐513 .
鈴木秀一,2005,「情報化と企業モデル――官僚的合理性からネットワーク合理性へ」『社会学年誌』46: 55-75.
田畑暁生,2003,『映像と社会―表現・地域・監視』北樹出版
立岩真也,2004,『自由の平等――簡単で別な世界の姿』岩波書店
土屋大洋,2003,「インターネットと国家――ネットワーク化されるグローバル・ガバナンス」香川敏幸・小島朋之編『総合政策学の最先端(4) ――新世代研究者による挑戦』慶應義塾大学出版会,52-70.
宇沢弘文,2000,『社会的共通資本』岩波書店
――――,2003,『経済学と人間の心』東洋経済新報社
若林幹夫ほか,2000,『「郊外」と現代社会』青弓社
――――,2000,『都市の比較社会学――都市はなぜ都市であるのか』岩波書店
渡辺靖,2004,『アフター・アメリカ――ボストニアンの軌跡と<文化の政治学>』慶應義塾大学出版会.
Watts, Duncan, 2003, Six Degrees: The Science of Connected Age, William Heinemann.(=2004,辻竜平・友知政樹訳『スモールワールド・ネットワーク 世界を知るための進化学的思考法』阪急コミュニケーションズ.)
Wenger, Etienne, Richard McDermott, William M. Snyder, 2002, Cultivating Communities of Practice, Harvard Business School Press.(=2002,櫻井祐子訳『コミュニティ・オブ・プラクティス』翔泳社.)
Winter, Ian, 2000, “Towards and theoretical understanding of family life and social c apital”, Australian Institute of Family Studies working paper 21, 1-18.
山田昌弘,2004,『希望格差社会――「負け組」の絶望感が日本を引き裂く』筑摩書房
山岸俊男,1998,『信頼の構造――こころと社会の進化ゲーム』東京大学出版会
――――,1999,『安心社会から信頼社会へ――日本型システムの行方』中央公論社
安田雪,1997,『社会ネットワーク分析―何が行為を決定するか』新曜社
矢澤修次郎編,2003,『講座社会学 15 社会運動』東京大学出版会
吉田純,2005,「情報公共圏の再検討――アーレントの公共性論を手がかりとした試論」『社会学年誌』46: 3-17.
吉見俊哉,1992,『博覧会の政治学――まなざしの近代』中央公論社


データの出所
ソーシャル・キャピタルに使用するデータ
NHK放送文化研究所,1996,『全国県民意識調査』より使用。詳しくは第5章を参照。

・犯罪認知件数に関するデータ
『犯罪統計資料』(警察庁)から、一般刑法犯、窃盗犯、凶悪犯、粗暴犯、知能犯、風俗犯を使用(いずれも2003年)。

・『社会生活統計指標』(総務省)から県民一人当たり県民所得(2001年)、人口千人あたり警察官数(2003年)を使用。